TOP本大会について大会概要アマチュア予選会大会の歴史
大会概要
   

2017年6月17日(土)第18回奈良オープンゴルフ選手権大会 決勝ラウンド

 
原 敏之 選手

奈良オープンゴルフ選手権大会最終日

 完ぺきに近い逃げ切りVだった。最終日の最終パー4の18番ホール。2位に3打差で首位を走る廣田はティーショットを左のラフに入れた。しかし、「ここは無理をせず、右サイドに運んでおこう」と第2打をグリーン手前30ヤードに刻んだ。そこから第3打はグリーンに乗っただけでピンから10メートルもショート。「でも。きようはパットの距離感がよかったので楽に打てました」とピンそば30センチに寄せた。優勝パットは、この日唯一のボギーとなったが、2位に2打差をつけて逃げ切った。
「昨日の夜は興奮してほとんど眠れなかったけど、きょうは朝から不思議と緊張もせずに回れました」


 2位の日下部が1番ホールでバーディーを奪い、この時点では通算4アンダーで並ばれたが、先に崩れたのも日下部の方だった。7、8番の連続ボギーで後退し「きょうはアプローチの距離感が全く掴めなかった」と早々とギブアップ。それを見ながら逆に廣田はパー5の13番で第2打を5Wでグリーンエッジまで運び2パットの楽々バーディー。続くパー3の14番も8Iでピンそば1メートルにピタリとつける連続バーディーで突き放す展開となって、この日71の通算5アンダーで見事初優勝を飾った。


 「久しぶりに2日間以上の大会で、こんなに多くのボランティアの人や大会関係者の協力もあって優勝できたことは今後の自分の人生にも大きな影響を与えてくれるきっかけになると思う」

 

廣田は山口県の萩市出身で、3つ上の兄・浩章さんは元プロ野球の投手。ドラフト2位で巨人に入団後、ヤクルトでも活躍し、現在はソフトバンクホークスのスコアラー。廣田自身も萩商業高校卒業後、名門・協和発酵に入社。あの“炎のストッパー”と言われた広島の故・津田恒実(当時は恒美)とは6年後輩ながら、同チームで7年間、外野手でプレーした経験もある。そのためにゴルフ転向も遅く、35歳でやっとプロテストに合格した“遅咲きプレー”でもある。


 「ゴルフのツアーには2008年から40試合ほど出場しましたが、よみうりミズノで11位に入ったのが最高かな。でも、シニアに入ってからは気持ちも入れ替えて頑張っています」


 歴代優勝者では5年前の第13回大会(2012年・花吉野)での溝口英二の47歳6か月が最高年齢だったが、今回の廣田はシニア入りの51歳1か月で、さらに最年長Vを更新したことになる。


 一昨年のシニア予選会ではラウンド中に肋骨を骨折するアクシデントに見舞われ断念。しかし、今年の3月の予選会で31位に入り「4試合出場」の資格も得ている。それだけに「この優勝を機に強豪揃いのシニアツアーでも自信をもって挑んでみたい」とみなぎる闘志をのぞかせていた。

 


▼13位タイ・田保龍一 アウトで41も叩いたけど、あきらめずに最後までプレーできた。(第6回の優勝者、インで33と盛り返して)


▼13位タイ・山下和宏 こんなにいいコンディションなのにスコアを伸ばすことができなかった。でも、今後のいい調整になりました。(第9回と第14回の優勝者、今回はV争いに加われず無念)


▼20位タイ・秦和弘 7番で左にOBを打ちトリプルを叩いたのが痛かった。(第15回の覇者、アウトの38でスコアを伸ばせず)


▼20位タイ。藤本佳則 アウトで2打差まで詰めながら、インで2OBはないわな。(13番が第2打を左に、18番は右にOBしてガックリ)


▼36位タイ・笠嶋直樹(45歳、メイプルヒルズ所属、初めてのベストアマですけど、高校生相手にいい緊張感をもってプレーできてよかった)


▼36位タイ・津田浩平(奈良育英高1年のセカンドアマ。プレーオフの3番でOBを打ってしまった。でも、いい経験をさせてもらった)


▼棄権・ディネッシュ・チャンド(16番の途中からギックリ腰になったみたい。フィジーから帰って寝不足が響いたみたい。残念です)

 


○…昨年に続き、今大会も最終日に午前と午後の2回に分けてコース内の打球練習場で「ジュニアレッスン会」が開催された。PGA(日本プロゴルフ協会)の倉本学、川上知人の両ティーチングプロがギャラリーとしてきたジュニア11人に丁寧なレッスンが好評だった。それだけに主催者は「まだまだ宣伝不足もありましたが、来年からはもっと盛大に人数も増やしていきたい」という方針を明らかにした。




成績表はこちらからご覧いただけます。

優勝 廣田 恭司 選手

 

原 敏之 選手

ダイドードリンコ(株)松社長による優勝目録授与

 

リチャードテイト選手

ホールアウト後の両選手

 

リチャードテイト選手

日下部幸之助選手

 

辰巳 剛史

(左)津田 浩平 選手  (右)笠嶋 直樹 選手

同スコアによるプレーオフ(アマチュア)

 

ローアマチュア 笠嶋 直樹 選手(アマチュア)
 
ジュニアレッスン会

 

このページのTOPへ

奈良カントリークラブ奈良柳生カントリークラブ

アマチュア選手申込書 プロ選手申込書

大会事務局  〒631-0806 奈良市朱雀3丁目4-12-1-B